ミカタ日記

糖尿病レシピコンテスト 神戸女子大など最優秀賞受賞

2016年10月20日の神戸新聞の記事を紹介します。

 

公益社団法人日本糖尿病協会第3回チャレンジ! 糖尿病いきいきレシピコンテスト」の

最終選考を10月9日に行いました。

 

このコンテストは、若い世代に糖尿病への関心を高めてもらい、糖尿病予備群や患者のレシピ充実を目指して一昨年から実施されており、今年は栄養士や管理栄養士を目指す全国の専門学校、短大、大学生から計331点の応募があったそうです。

 

最優秀賞には、神戸女子大(神戸市須磨区)の学生が創作したレシピ「しっかり噛(か)もう! 元気になる朝ごはん!」を最優秀賞に選ばれました。
同大のほか、西南女学院大(福岡県)、釧路短期大(北海道)の学生のレシピも選ばれました。

 


こちらに、第3回受賞者の献立写真が紹介されています。
神戸女子大の学生さんが受賞とのことですが、同じ神戸市なので非常に嬉しく思います。

 

受賞された朝食部門の献立の申込条件が、

●  朝ご飯をしっかり食べて血糖値をきちんとコントロールしないといけないのに、
   朝は忙しくあんまり食べられない!という方に対して、 
   時短で作れる、目覚めスッキリ!などアイデアあふれる献立
( 下準備、調理、盛り付け、片付けまでを含めて2時間以内のレシピ)

● 1人前:朝食500kal(夕食は600kal)/1食分の食材費:500円程度

などが条件でした。

カロリーや塩分量、時間など限られた条件の中で、
糖尿病食を感じさせない!見た目も色とりどりで豪華!である。
この献立なら毎日食べたいと糖尿病患者さん以外の方でも思う食事だと感じました。

このコンテストを通じて、糖尿病食の持つイメージが明るくなり、
糖尿病患者さんが食事療法に前向きに取り組むきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

 

 

弱視を幼児期に発見できる絵本を使った視力検査キット開発

10/17の高知新聞の記事を紹介します。 

 

 

「弱視」など目の障害を幼児期に発見して治療につなげようと、高知県内の企業や医療関係者らが連携し、監修を高知大学医学部の教授が行い、絵本を使った視力検査キットを開発しました。

ランドセル環と呼ばれる「C」の記号をドーナツに見立て、どの動物が食べたかを答えてもらい、楽しみながら検査ができるため、「検査の精度とスピードが上がり、弱視の子を1人でも多く救いたい」と話されています。

 

弱視は眼鏡などの補正器具を使っても視力が上がらない状態で、幼児期の遠視や斜視が原因となり、その一方で、視力の発達期である6歳ごろまでに治療を受ければ。視力の発達が可能とされているそうです。

 

2014年から開発に着手し、2016年の夏、高知県内の4ヶ所の幼・保育園で行った実証実験で、3歳児の9割近くが検査法を理解できたそうです。

 

市町村に購入を呼び掛ける予定で、「弱視だと職業選択やスポーツなどで制約をうけてしまう。この検査法を高知の3歳児検診の標準にし、早期発見、治療につなげたい」と話されています。

 

「3歳から楽しくできる視力検査『たべたのだあれ』」は1セット2万5千円(税別)で、絵本の別売りもあり、1冊300円(税別)になり、高知県内の創友とコッコ・サンで販売しています。

 

 

やぶ医師大賞に徳島県、滋賀県の2医師が決定

9/24の神戸新聞の記事を紹介します。 

兵庫県の養父市役所にて、へき地医療に尽力する医師を顕彰する「第3回やぶ医者大賞」の審査会があり、滋賀県東近江市、永源寺診療所の花戸貴司医師(46)と徳島県美馬市、木屋平診療所の藤原真治医師(46)の受賞が決まりました。

 

同賞は、養父市が2014年に創設し、名称は、下手な医師を意味する「やぶ医者」の語源が、本来は養父にいた名医であるとの説にちなむそうです。

 

へき地の病院や診療所で5年以上働いている50歳以下(4月1日現在)の若手医師が対象になり、今回は県外から5人の応募がありました。

 

 

評価された点は、花戸医師は山あいの農村地域で、看護師やケアマネジャー、商工会などと幅広く協力し、在宅でのみとりを普及させ、地域のボランティアにも積極的という点で、藤原医師は高齢化率が50%を上回る過疎地で、訪問診療に力を入れ、栄養士らと地域の食習慣を調べ、診療に役立ている点になるそうです。

 

 

表彰式は11月26日に、養父市のビバホールであり、受賞者による講演を予定しているそうです。

奨励金は1人50万円だそうです。

 

 

神戸百年記念病院様 味覚外来 開設

神戸百年記念病院(兵庫県)様の広報誌「すこやか vol.66」の記事を紹介します。

耳鼻咽喉科が味覚外来を開設しました。

 

味覚障害とは、味の感覚がおかしくなってしまう病気です。
食生活の欧米化や高齢化などにより、現在味覚障害を訴える患者さんは、近年増加傾向にあります。2003年の調査では味覚障害患者数は年間約24万人と推測され、その数は年々増加傾向にあると言われています。

 

味覚外来では、症状についての詳しい問診後、舌や鼓膜を診察し、甘味・塩味・酸味・苦味の
4種類の味をしみこませた濾紙を舌に置き、どの濃さで分かるか調べる味覚機能検査を行います。

 

味覚障害が疑われる方には血液検査、唾液の検査、嗅覚の検査や場合によってはCT、MRIなども用いて原因を調べ、原因に合わせた治療を行います。

 

亜鉛不足が原因であれば、亜鉛を補う薬を処方します。

亜鉛には味蕾の再生を促す効果があり、最近の研究によると、亜鉛を3~6ヶ月補うことで味覚障害の約7割の方が症状の改善を自覚されると言われています。

 

嗅覚障害が原因であれば、鼻詰まりの治療を行い、全身の病気が原因の場合は、専門医と連携して治療を行うそうです。

 

味覚障害は経過が長くなるほど治りにくく、とくに高齢ではその傾向が強くなるとのこと。
味が感じられないと、食べる楽しみが減るばかりでなく、腐ったものや毒のあるものが分からず命にとっても危険であるため、早期治療が重要です。

 

 

献血ルームに『ペッパー』を配置(栃木県宇都宮市)

栃木県赤十字血液センターは、ソフトバンクの人型ロボット『ペッパー』1台を、全国初でうつのみや大通り献血ルームに配置しました。

 

ペッパーは、待合室の受付付近で来所者を出迎え、献血の待ち時間や休憩中には来所者に話しかけたり、早口言葉などのゲームでコミュニケーションを取ったりするそうです。

 

胸部のモニターを用いて、若者や親と一緒に訪れた子どもに献血に関する知識も伝えるそうです。

 

担当者は「ペッパーと触れ合うことで、献血を身近に感じてほしい」と狙いを説明しています。

 

栃木県内では10~20代からの献血協力が年々減少しており、将来に向けた啓発活動の一環として。中学や高校でペッパーが献血について「講義」するセミナーも検討しているようです。

 

参照記事:時事通信社日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター

子どもの医療品の用法・用量を添付文章に明示へ

厚生労働省が来年度から、医療機関などが集めたデータに基づき、用法・用量の目安や安全に関する情報を添付文書に記載するよう製薬企業に促す取り組みを始めることが、9月1日に分かりました。

 

現在は、医療用医薬品の添付文書に子どもに対する用法や用量の記載がない中、医師の判断で使う「適応外使用」が常態化しているそうです。

 

 

子どもでの効果や安全性が確認された薬は非常に少ないのが実情で、薬の開発段階で行われる製薬企業による臨床試験の多くは、採算性の問題などから大人のみを対象にしているようです。

 

厚生労働省の動きは、医療機関のデータを活用して、子どもへの安全な投薬を目指す試みとして注目されているようです。

 

 

参照記事: 神戸新聞 

 

オストメイトを知ってもらおうプロジェクト 冊子やストラップ作製

8/9の産経ニュースの記事です。

 

 

若い女性オストメイトらでつくる患者会「ブーケ」(兵庫県姫路市)が、オストメイトへの社会的な理解を広げたいと、小冊子「オストメイトってなに?」を作製しました。

 

 

冊子の内容は、病気の治療で一時オストメイトとなった経験があるフリーアナウンサー、中井美穂さんへのインタビューを掲載したほか、排泄物をためるパウチや、公共の多目的トイレに設置されているオストメイト対応設備などについてイラスト入りで分かりやすく説明されています。

 

 

また、対応トイレに表示されている「オストメイトマーク」の認知度が低いため、マークをあしらったストラップ(全2色)も販売中です。

 

 

 

国内のオストメイトは大半は高齢者なため、「ブーケ」は若い年代の女性オストメイトの「恋愛・結婚・妊娠・出産・日常生活」といった悩みを相談できる場が欲しいとの気持ちから平成11年に発足。

 

会員同士が交流を持つことで少しでも悩みや問題が軽減し、それぞれがいい方向に向かっていけるような関係作りを目標に活動されているとのことでした。

 

 

リハビリ応援のための壁画 高校生らが制作

 

8/9の神奈川新聞の記事です。

 

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院(神奈川県)では、高校生が夏休みにボランティアの一環として壁画を制作されているそうです。

 

2年前から病院の階段に制作しており、患者様がリハビリに使う階段で「つらい訓練中に、少しでも楽しい気分になってもらえれば」との思いが込められているとのことです。

 

壁画のデザインは、1階~2階の階段には『窓越しに見た神奈川の風景』、2階~3階の階段は『夕涼み』、そして今年は3~4階の階段に『花の道』が描かれました。

 

原画を制作した生徒は、入院生活で外出できない患者様に、空や花を見てもらいたいとデザインを決め、励ましとなるような花言葉を持つ花を選んだそうです。

「花畑を歩いているような気分でリハビリに取り組んでもらえたら」と話されています。

 

 

元々病院の壁はグレーに塗装されており無機質な空間でしたが、色とりどりの壁に生まれ変わったことにより患者様や職員の心を和ませる癒しの空間になったのではないでしょうか。

患者様のことを考え、病院が地域と協力し合って取り組んでいる姿が伝わるニュースでした。

 

歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」へ。「歯みがき採点化機能」を追加した、スマホと連動した“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY」を発売

 

サンスターは、いつもハブラシに、ハブラシの動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、歯みがきの時間を楽しみにかえる新発想のデジタルデバイス、「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」を4月に発売しました。

 

「G・U・M PLAY」を通じて、楽しみながらキチンと歯みがきすることで、歯とお口が健康になり、からだ全体が元気になる、全く新しい歯みがきを提案しています。

 

 

 

「みがき方をみがく」をテーマにした「G・U・M PLAY」は、正しい歯のみがき方を身につけるための2つの基本機能「MOUTH CHECK」「MOUTH LOG」を備えているそうです。

 

加速度センサーとBluetooth無線技術を搭載した「G・U・M PLAY」をいつものハブラシに装着することで、歯みがき動作をリアルタイムにスマートフォンに伝送し、口内の位置を16分割して認識し、独自にアルゴリズムによって歯みがきを数値化・記録します。

 

この基本機能を備えた3つのスマートフォンアプリ(MOUTH MONSTER・MOUTH BAND・MOUTH NEWS)によって、歯みがきを楽しみながら。自然に正しいみがき方を身につけることができるようです。

 

 

ゲーム感覚のアプリで、歯ブラシを動かしながら画面に現れたモンスターをやっつける内容になっているようです。

 

参照記事:サンスター プレスリリースG・U・M PLAY(ガム プレイ)

 

 

 

「kobe INK物語」のカラーを採用した神戸発の医療用ウエア「神戸スクラブ」を発売

ワールドは、ファッション性と機能性を併せ持つ医療用ウエアブランド「フィールドワールド」の新商品「神戸スクラブ」を兵庫医療大学、ナガサワ文具センターとの産学連携で共同開発し、10月よりナガサワ文具センター本店および同社の通信サイトにて先行販売します。

 

 

「フィールドワールド」では、昨年、神戸市の代表的産業である“ファッション”と“医療”を組み合わせ、兵庫県の地場産業である播州織の素材を活かした「ドクターコート」「ドクタージャケット」を発売しました。

 

その後、医療用スクラブにも多くの要望があり、昨年12月に兵庫医療大学に協力を依頼し、開発のために、大学内にプロジェクトメンバーを選出し、ミーティングを重ねたそうです。

 

スクラブは、白衣よりもカラーバリエーションが豊富で、病院内でのチーム分けや患者からの視認性向上のために着用される場面が多いことから、学生を対象にアンケートを実施し、赤系・青系のカラーで検討を進めたそうです。

 

 

色は神戸らしいカラーをと、16年3月には、オリジナルインク「KOBE INK物語」が人気のナガサワ文具センターに協力を依頼し、現在展開する50色以上の中から、神戸の海をイメージした“港島アイランドブルー”、神戸のワインをイメージした“神戸ボルドー”の2色を採用する事になりました。

 

 

素材には、制菌加工、制電糸を使用するなど医療に適した機能を取り入れ、業務用洗濯でも色が落ちにくい染色加工を行うと共に、デザインのポイントとして部分使いで播州織をあしらいました。

 

 

こうして開発した「神戸スクラブ」は、兵庫医療大学のプロジェクトメンバーが最終のサンプルチェックに協力し、着心地や動きやすさに加えて、シルエットやラインの美しさにもこだわり、修正を重ねて完成したそうです。

 

 

 

参照記事:ワールド プレスリリース,ナガサワ文具センター ウェブサイト

 

 

 

Page top