ミカタ日記

理研の産学連携拠点着工。神戸に来春完成

4/19の神戸新聞の掲載記事です。
 

理化学研究所は、研究成果を製薬企業などと協力して実用化させるため、産学連携の研究拠点「融合連携イノベーション推進棟(仮称)」を、神戸・ポートアイランド2期で本年の3月から着工しています。完成は2015年3月末、研究の開始は同年の6月ごろを目指しています。

 

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療や、スーパーコンピューターを活用した創薬などを進めているそうです。

 

ポーアイ2期には理化学研究所の、

発生・再生科学総合研究センター(CDB)・計算科学研究機構(AICS)・ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)

生命システム研究センター(QBIC)などが集積しており、医療産業都市構想の中核的な役割を担っています。

 

・「融合連携イノベーション推進棟」(仮称) 54室を整備

推進棟は、上記の研究所での研究成果の実用化を加速させるのが狙いとのことです。

建物はCLSTの南側で鉄骨8階建て、3~7階に各約50平方メートルの研究室が54室整備されるそうです。

仕切りを取り除けば、最大5室分の空間として使える、

1チームで3室程度、計20前後の研究チームの入居を想定しており、利用者は理研の研究者と企業、大学の連携チームが原則とのことです。

 

また研究者らが情報交換できるラウンジやテラスも設けるそうです。外観は細胞をイメージしたデザインを計画。

 

・スパコン活用

現在想定している研究テーマは、CDBがiPS細胞を使い、昨年8月に世界で初めて臨床研究を開始した網膜再生医療の推進のほか、iPS細胞を使った 歯や毛根、涙腺などの再生や創薬用スパコンや京コンピューター、その後継機「エクサ級スパコン」などを活用した創薬、顕微鏡など医療関連機器の開発など。今年3月から研究テーマや連携相手を募集し、14年度後半にはテーマや入居者を最終決定するそうです。

推進棟を活用して、理研の研究成果をさらに社会に生かしていく計画とのことです。

ジェネリック医薬品メーカ 「水なしOK」「苦味抑える」「見やすい表示」 後発薬の開発

 

ジェネリック医薬品(後発薬)メーカーが、服用のしやすさなどを工夫した薬の開発に力を入れているそうです。

水がなくても飲める溶けやすい錠剤や、誤飲を防ぐ表示をはっきりと印刷した包装づくりが進んでいます。

 

・水なしで飲めるゼリー状の薬

日医工株式会社は苦味を抑えて水なしで飲めるゼリー状の薬を開発。仕組みは、スティック包装の中に封入した空気の部分を指で押すと、ゼリー剤が押し出されるそうです。衛生的で携帯もしやすい利点があるそうです。また子どもが嫌がらない味や喉を詰まらせない硬さを含め、トータルでの服用のしやすさを追求しているそうです。

 

 

 

・水がなくても服用できる糖尿病や認知症の薬

東和薬品株式会社は水がなくても服用できる、溶けやすい糖尿病や認知症の錠剤を販売しています。口の中の水分を吸収すると、成分の間に隙間ができて簡単に溶ける。薬剤を飲み込むのに負担を感じる高齢の患者さんに好評とのことです。

 

・包装シートに薬の名称と効能がはっきりと記された薬剤

沢井製薬株式会社は誤飲を防ぐため、包装シートに薬の名称とともに「高コレステロール血症治療剤」など効能をはっきりと記した薬剤を販売しています。東和薬品も薬剤表面の2カ所に薬の名前を記載し、服用量を調整するため二つに割っても、判読が容易な高脂血症治療薬などを用意しているそうです。

 

 

 

認知症リハビリに役立つ「臨床美術」の作品展

4/16の神戸新聞に「臨床美術の作品展の記事が掲載されていました。

障害者や一般の人が作った、野菜の絵や抽象画、立体カボチャなど約40点展示されているそうです。

 

臨床美術は、認知症リハビリのために作られるもので、作品を作る楽しみや喜びで脳に刺激を与えることによって、

心理的効果やコミニュケーション力の改善を図るそうです。

今は認知症だけではなく、障害者や一般のメンタルヘルスなどにも活用されているそうです。

 

場所は、尼崎市女性センター内のカフェ・トレピエで4月27日まで無料で開催されています。

ワークショップでは、タマネギの絵や、立体カボチャの制作ができるそうです。(※ワークショップは参加費1200円が必要です。)

 

腸内細菌バランス保つ虫垂

4/11の47Newsの掲載記事です。

体に必要ない組織と考えられていた【虫垂】が腸に免疫細胞を供給し、腸内細菌のバランスを保っていることを

大阪大などのチームがマウスで明らかにし、10日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表しました。

チームの竹田潔大阪大教授の話によると「バランスが悪くなると食中毒も起こしやすい。虫垂をむやみに取らない方が良い」とのことです。

腸内細菌のバランスが崩れて発症する【潰瘍性大腸炎】や【クローン病】の新しい治療法開発も今後期待されます。

 

竹田潔大阪大教授らのチームは虫垂の働きを調べるため、虫垂を切除したマウスと、していないマウスを比較。

すると切除したマウスの大腸内では、腸内細菌のバランス維持を担う抗体を作る免疫細胞が半分になっており、バランスも崩れていたとのことです。

また、虫垂でできた免疫細胞が、大腸と小腸に移動していることも確かめており、虫垂が腸内細菌のバランスを保つのに役立っていることが判明したとのことです。さらにヒトでも、虫垂の切除で炎症性腸疾患になりやすくなることが報告されているそうです。

慢性疲労症候群の患者 脳内で重い炎症に 機能低下招く

4/4の日本経済新聞の掲載記事です。

原因不明の疲労が半年以上続く【慢性疲労症候群(CFS)】の患者は、脳内で重い炎症が広い範囲で起きており、脳の機能低下を招いているとみられることを大阪市立大などのチームが発表しました。

CFSは既存の検査では異常がなく見逃されることがあり、この発表が診断指標や治療法の開発に役立つと期待されます。

チームは脳の炎症が起きた部分で多く作られる「TSPO」というタンパク質の量を、患者と健常者を対象に陽電子放射断層撮影(PET)検査で調べた結果、患者は健常者の約2倍炎症の程度が重く、症状が重いほど炎症もひどいそうです。

また、認知機能の低下や頭痛など症状の違いによって、炎症が生じる脳の部位も違うことが分かったそうです。

成果は米科学誌「ジャーナル・オブ・ニュークリア・メディスン」電子版に掲載されました。

ロボットリハビリテーション(神戸市西区)

神戸市西区にある兵庫県立リハビリテーション中央病院のロボットリハビリテーションセンターの記事が神戸新聞に掲載されていました。

ロボットリハビリテーションの対象者は、四肢切断者や脊髄損傷など運動器に障害のある方。

上肢切断の方に対して、筋肉の信号でハンドを動かすことができる世界で最先端筋の電義手を用いたリハビリテーションや、

下肢切断の方に対しては、コンピューター制御義足など、高機能な義足を用いたリハビリテーションを提供されているそうです。

またサイバーダイン社と、脊髄損傷(不全麻痺)の方に対して、歩行再建のためのリハビリ手段として、

最先端の運動支援装置であるロボットスーツHAL®の導入に向けた研究や実証等も行っているそうです。

 

 

実物細胞でiPS紹介 日本医学会の15年総会

2月21日の神戸新聞の掲載記事です。

2015年に神戸市と京都市で医学系学会「日本医学会」の第29回総会が開かれるそうです。

総会は4年に1度開かれ、兵庫県内での開催は初めてです。

 

公開展示は「未来医(みらい)XPO(えきすぽ)’15」の名称で、「あなたの暮らしと医の博覧会」がコンセプト。

15年3月28日~4月5日に神戸市中央区の神戸国際展示場などで開くそうです。

神戸会場では、再生医療を市民に分かりやすく伝えるため、人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究の現状を細胞の実物や映像で紹介するそうです。

京都会場では15年4月に学術講演、学術展示などを予定し、iPS細胞を開発した山中伸弥京都大教授が開会講演を担うそうです。

 

他にも、神戸で世界初の臨床研究が始まったiPS細胞を顕微鏡で観察できるようにするほか、介護・生活支援ロボットの実物展示や、発病の確率が分かるゲームなど、家族連れらを対象にした内容を計画するとのことです。

 

LED殺菌で虫歯予防 新型歯磨き粉

2月17日の経済新聞の掲載記事です。

化粧品製造・販売のビューティードアは、発光ダイオード(LED)を使い、殺菌効果を長持ちさせた新型の歯磨き粉を発売した。

 

使用方法は、新型歯磨き粉【BLANX®(ブランクス)ホワイトショック】で歯を磨き、口をすすいだ後、1分間付属のLEDライトを歯に照らすとのことです。

この新製品は、イタリアのボローニャ大学とCOSWELL社の共同開発された製品をビューティードアが輸入販売するそうです。

殺菌作用は24時間持続するとのことですので、虫歯の予防につながる。 

 

 

 

がん検診受診向上へ条例案

2/13の神戸新聞の掲載記事です。

神戸市会の4会派(民主、公明、自民神戸、自民)は、国民の死因1位である「がん」対策の理念などを定めた「神戸市がん対策推進条例案」を共同提案すると発表しました。

医療産業都市を展開し、治療の分野では先進地の神戸だが、がん検診の受診率は全国平均を大きく下回る。

神戸市に、最新機器を備えたがん専門の病院や、小児がん患者が家族と滞在しながら治療を受けられる施設などがあるが、市が助成するがん検診の受診率は低調だそうです。

2011年度の厚生労働省の統計では、胃がん検診は全国平均9・2%に対し神戸4・3%、肺がんは全国17・0%、神戸3・7%。

条例案は、がん対策を進める市の責務と併せ、検診受診に対する市民の役割も明記し学校での予防教育も盛り込んでいる。

また、がん患者への緩和ケアや、脱毛など外見の悩みに関する相談体制の充実など、がんをめぐる近年の課題にも積極的に取り組むとのことです。

世界初 万能細胞『STAP細胞』作成に成功

1月29日 「万能細胞」発見という報道に驚いた方も多いのではないでしょうか。

万能細胞ことSTAP細胞について掲載記事を集めてみました。

 

● 1月29日毎日新聞

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(神戸市)と米ハーバード大の共同研究チームが

マウスの体細胞を弱酸性の溶液に浸して刺激を与えることで、どんな細胞にも変化できる万能細胞『STAP細胞』を

世界で初めて作製することに成功したと発表した。

 

万能細胞の研究を中心に進めた理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子・研究ユニットリーダが

「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus―Triggered Acquisition of Pluripotency)」の英語の頭文字から

STAP細胞と命名した。

 

 

研究内容は

マウスのリンパ球を弱い酸性(pH5・7)の溶液に30分間入れた後、別の培養液に移すと、2日以内にリンパ球が本来の性質を失った。細胞の数は7日目に約5分の1に減ったが、残った細胞のうち3〜5 割が万能細胞特有の性質を示したとのこと。

これらを別のマウスの受精卵に移植すると、体のあらゆる部分にSTAP細胞からできた体細胞が交ったマウスが生まれ、STAP細胞がさまざまな細胞に変化することが証明されたとしている。

 

このように細胞が刺激を受けて、受精卵に近い状態に巻き戻しする初期化現象がおこることを証明したのは初めてだそうです。

またSTAP細胞は作成が容易で、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で問題になるがん化や染色体への影響も確認されていない。

またiPS細胞では作れなかった胎盤への変化も確認され、より受精卵に近い能力を持っていると考えられるとのこと。

 

この画期的な成果は、1月30日の英科学誌【ネイチャー】に掲載された。

 

万能細胞の作製効率ですが、iPS細胞よりも高く、期間も2~3週間短いそうです。

またリンパ球の他にも皮膚などの細胞で成功したほか、

細胞を細い管に通す、毒素をかけるなど、さまざまな「ストレス」を与えることでも初期化できたそうです。
 

 

● 2月5日 日経新聞

STAP細胞について京都大学と共同研究を進める事を発表しました。

京都大学にはiPS細胞を開発した山中教授をはじめとする専門家も多数いることから

病気やケガで損なわれた臓器などの機能を補う再生医療などへの応用では共通する課題も多く、研究の効率化が期待できる。

 

現在では、STAP細胞が作れるのは若いマウスの細胞にとどまっており、まだ臨床応用の見通しは立ってないそうだが、

ヒトの細胞でも作成できるか研究を進めていくとのこと。

 

理研などは、今夏をめどに世界初となるiPS細胞を使った目の難病の治療を実施するそうです。

今後京大との共同研究を通じ、STAP細胞研究の加速が見込まれます。

 

 

 

Page top