私たちの思い

病院・医院と患者さんとのコミュニケーションに思うこと

病院・医院から発信する情報は患者さんに伝わっていますよね。

地域のみなさんとのコミュニケーションはいかがですか?

患者さんとそのご家族、地域のみなさん、連携先のスタッフの方々はより多くの情報を求めておられます。また、医療機関からもお伝えしたいことがたくさんあります。

医療機関と患者さんなどとのコミュニケーションの一躍を担うのは、さまざまなパンフレットやウェブサイトなどの広報ツールではないでしょうか。

その大切な広報ツールですが、実際は「日々の診療に忙しくて…」とついつい後回しになっておられないでしょうか。

伝えたいポイントを押さえ、読みやすく、美しいレイアウトで考えるとなると、さらに負担となっているのは当然のことです。

「大切だとわかっているけど、忙しくてね」

私どもトライスは、医療機関と患者さん、医療機関と連携先のコミュニケーション活動を活発にし、地域における医療活動がより円滑に行えるよう、医療機関と地域とのパイプ役として、みなさまの発展に貢献したいと考えております。